寒暖差ストレスを予防する



10月に入り気温も一気に下がってきました


ね。なんと1週間の内に最高気温が-8°も


下がっていたり、、、街で出会う人達は皆


アウターを羽織っていたりと、この気温の


変化がもたらす影響も大きく感じます。


さて、今日はそんな気温が下がってきた時


に私たちの体に起こりうるあまり嬉しくな


い影響や、その予防についてです。








                  目次 


寒暖差ストレスとは

   ① 寒暖差ストレスが及ぼす影響

   ②寒暖差耐性チェック

  ③予防法







寒暖差ストレスが及ぼす影響

 


寒暖差ストレスとは読んで字の如く寒暖差


で体が受けるストレスのことです。それは


寒暖差によって体に溜まっていく疲労(寒


暖差疲労)が私たちの体に不調をもたら


し、様々な問題を引き起こします。




不調その1<身体的不調>

 

●体の冷え ●めまい ●頭痛 ●肩こり


●顔のほてり



不調その2<精神的不調>

 

●食欲不振 ●イライラや落ち込み  


●睡眠障害




このどれかに当てはまっていれば要注意










寒暖差耐性チェック

 

□ 夏の暑さも冬の寒さも苦手

□ 季節の変わり目に体調を崩しやすい


□ エアコン(冷房・暖房)が苦手

□ 手足が冷たく感じることが多い

□ 冬は体が冷えて寝つきが悪い

□ 冬は機能性保温下着が手放せない

□ 熱中症にかかったことがある




➡チェックが1つでもあれば注意


4つ 以上では寒暖差疲労になる可能性がか

なり高く、 早めの対策が必要






予防法

 

暖房に頼らない

 

本来もっている体温の調節機能を弱めない

ため



常温の水を飲む

 

血流を促進し、精神的及び身体的なストレスの軽減を行う




手首・足首を温める

 

皮膚が薄く温まりやすい場所であり、温まった 血液が効率的に全身へ回る






 

以上は誰でも実践できる内容ですが、すで


に身体的な疲労(カラダの疲れ)が溜まっ


ている場合は休息を取ったり適度な運動を


行うことで蓄積した疲労物質を取り除くこ


とができます。



生活の中で起こる様々なストレスは個人に


よって一定状態のレベルの許容範囲も異な


り、また加齢とともに低下しストレスに対


する許容範囲も縮小していきます。


実際に何が原因で不調が起こっているかは


なかなか自分一人では気付きづらいです。


最近不調が多いと感じる方は一度カウンセ


リングを受けにきてみてください。


PLUTOではカウンセリングを通して、根


本解決に迎えるようしっかりとサポートし


ていきます。





参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/21/2/21_KJ00000972243/_pdf