【麺類のおすすめはどれ?】

こんにちは!PLUTOです🪐 そんな今回は麺類のおすすめや特徴についてご紹介したいと思います!

目次 ・麺類の種類や特徴 ・麺類の○○には注意が必要!? ・トレーナーがおすすめする麺類/食べ方!


【麺類の種類や特徴】

麺類と聞くと何種類か頭にイメージされると思いますが、今回は代表的な3つを説明していきたいと思います。

①うどん 小麦粉に塩水を加えて、こねて作られることでコシがあるのが特徴的なうどんですが、関西や九州ではコシが強くないうどんを好む地域も多いとされています。 また、うどんは炭水化物がほとんどを占め、食物繊維も少ないため消化の良い食べ物としても優秀です。 食物繊維が多い食べ物は胃と腸に長く残りますが、その点うどんは食物繊維が少ないので胃と腸に負担をかけません。 【うどんのカロリー】 うどんひと玉(約250g)=265kcal
②蕎麦 蕎麦はソバと呼ばれる草の実を原材料として小麦粉をつなぎとして作られています。蕎麦は麺類の中でも疲労を回復させる役割や免疫力を向上させる効果など、身体に良い栄養価が高いことで有名です。 また筋肉を作るタンパク質も豊富に含まれているのでダイエットにもってこいの食べ物です。 【蕎麦のカロリー】 蕎麦ひと玉(約250g)=285kcal
③パスタ パスタはうどんそばと同じく小麦粉を原材料とし、水と塩を混ぜ合わせて作られています。パスタは種類が非常に豊富でメジャーなものからマイナーなものまで全部合わせるとなんと32種類もあります。(初耳) 栄養素では炭水化物をエネルギーに変えるのに必須のビタミンB1が多く含まれており、毎日身体をアクティブに動かす方にはパスタはおすすめです。 【パスタのカロリー】 パスタ1束(約100g)=350kcal

日常でも馴染みのある3つの特徴とカロリーをまとめてみましたがいかがでしたか?一人前の量だとこの中でうどんが1番カロリーが低いのが意外に感じる方もいるかと思います。


カロリーを気にするのも大切ですが、麺類を食べる上で見落としがちなものについてお話ししていきます!




【麺類の○○には注意が必要!?】

先ほどは麺類の種類や特徴について説明しましたが、1番気をつけないといけないものがありますそれは塩分です。

上記にあった3種類の麺類は、作られる過程と食べる際に必ず塩分が含まれます。それだけの塩分であれば何ら問題はないですが、日常の食生活で更に塩分を摂ってしまうと塩分過多になり、むくみや怠さを招く原因になります。

どうしても麺類を食べたい場合の対処法としておすすめなのは ①運動をする日に食べる。 ②夕飯に麺類を持ってこない。 この2点のどちらかだけでもできると麺類からの塩分の摂り過ぎを少し抑えられる可能性が高まります。



それでは最後にトレーナーがおすすめする麺類や食べ方をご紹介したいと思います。



【トレーナーがおすすめする麺類/食べ方!】

ここでは実際に僕自身が麺類を食べる際に行っている食べ方をおすすめの麺類と合わせてご紹介していきます!

①おすすめの麺類はそば・うどん ここは上記にあった3種類の中のカロリーの低い2つです。同じ量の一人前を食べるなら低カロリーなものを選んでカロリーカットできる為です。 ただうどん/そば/パスタどれも脂質がほぼゼロなので食べ合わせ次第ではパスタでも全く問題ありません😌
②おすすめの食べ方は必ずたんぱく質を入れる これは僕自身、常に意識していることですが炭水化物とたんぱく質は絶対セットにすることが本当に重要です。 そば・うどんであれば温泉卵やちりめんを入れたり、パスタであればイカや貝、エビを具材に入れることで、麺類に多く含まれているタンパク質と合わさり身体に吸収されやすくなります👍

皆さんいかがでしたか?自宅でも外食でも使えるテクニックもあったと思うので是非お試しください〜!