【プロテインは飲むべき?】

こんにちは!PLUTOです🪐 今回はプロテインについてお話ししていきたいと思います。 身近なところでも手に入りやすくなったプロテインですが、意外と知らないこともあるのでは?、ということでご紹介します!


目次 ・プロテインとは? ・1日の摂取すべきたんぱく質量 ・トレーナーがおすすめする手軽に摂れるプロテイン



【プロテインとは?】

ご存知の方もいるかと思いますが、プロテイン(protein)とは日本語でタンパク質を表します。 食品でいうと肉、魚、大豆製品、卵、乳製品などに含まれており三大栄養素の一つです。 プロテインと聞くと、飲むだけで筋肉が付く筋肉増強剤のようなイメージが浮かぶ方もいるかもですが全くそんな事ないです😌(ちなみにトレーニングをする前の僕の認識はこれでした)

たんぱく質は筋肉を作る役割の他にも、皮膚、髪の毛、爪、目などを作るや役割を持っていて、まさに身体を作っているのはたんぱく質と言っても過言ではありません。

ただ、現代人は「炭水化物と脂質とちょっとたんぱく質」の偏りがちな食事になっており、たんぱく質の摂取量は不足していると言われています。 もし不足してしまうと、、、 ①筋肉量低下による基礎代謝低下 ②肌荒れやハリの低下 ③栄養不足による食べ過ぎのリスク

などが身体の変化として現れやすくなります。

ではそれらを防ぐ理想的なたんぱく質の摂取量についてご紹介していきます!



1日の摂取すべきたんぱく質量】

年齢や性別、体の大きさ、活動量は人それぞれなため、一日に必要なタンパク質量には個人差があります。 厚生労働省から発表されている「日本人の食事摂取基準」には、タンパク質の推定平均必要量、推奨量、目安量、目標量が示されています。 ※厚生労働省参照 1日平均で65gが推奨量とされていますが、上記にもあるように個人差もあるので一概にも推奨量とはなりません。(飽くまで目安です) じゃあどれぐらい摂ればいいのか?

・たんぱく質推奨量=体重(kg)×1.3g 例 60kg×1.3g=78g          

トレーナーの僕が経験から出した適正量はこれです。 多すぎず少なすぎず、運動している方にもベストな量だと感じます。 是非参考にしてみてください〜! 最後に市販でも簡単に摂れるプロテインをご紹介します💪