【ダイエット中も食べれる!】アイスクリームを解説

皆さんこんにちは!PLUTOです🪐

いきなりですが、皆さんの好きなアイスはなんですか? ちなみに雪見だいふく、ピノ、ジャンボモナカなどいろいろありますが、パッと頭に浮かんだ好きなアイスのカロリーが分かる方は立派なダイエッターです(笑)🥰

そんな今日は、先日のお客様とのセッションで盛り上がった、 「ダイエット中でも食べられるアイス」についての役立つ豆知識をご紹介します!📚

目次 ・アイスの種類 ・トレーナーがおすすめするアイス/食べるタイミング


【アイスの種類】

タイトルを見ると「アイスに種類が?」「そんなのあるの?」という方もおられるでしょう。実はアイスはある基準でいくつかに分類されているのです。

厚生労働省の「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」から定義されて分類されているんです。 ※厚生労働省参照

それではアイスの分類についてご紹介していきます。



【アイスクリーム類と氷菓】

アイスは乳固形分が含まれているかどうかで大きく2種類に分かれます。乳固形分とは「乳製品中の水分以外の部分」のこと。 ざっくり分けると、、 乳固形分が3.0%以上あるもの→「アイスクリーム類」 3.0%未満のもの→「氷菓」※ガリガリくん

もう少し分かりやすくすると、、 濃厚な味のものはアイスクリーム類、さっぱり味のものが氷菓。 そう覚えてもらえたらOKです!





【アイスクリーム類はさらに3種類に分かれる】 なんとアイスクリーム類はバターがどれだけ入っているかという「脂肪分」の量でさらに分かれています。