【これからの季節はビタミンCが必須】

更新日:6月23日

こんにちは!PLUTOです🪐

これから夏にかけて日差しが強くなってくる時期ですが、皆さんは何か日焼けの対策やケアを行なっていますか?🌞 因みに僕は学生の頃からサッカーをしていた名残で全くの無頓着です、、😌

さて今回は、そんな日差しや日焼けに強く関係するビタミンCについてご紹介していきたいと思います!

・ビタミンCの効果 ・ビタミンCの摂取量の目安はお腹!? ・どのコスメよりも美白効果が期待できる!?


【ビタミンCの効果】

ビタミンCは今から500年以上前の16世紀の大航海時代に当時流行していた壊血病(歯茎や皮下が出血する病)を予防する物として、果物や野菜の果汁から発見されたと言われています。 ほとんどの動物は身体の中でビタミンCを生成する事が出来ますが、ヒトやサルはビタミンCを合成する物を持ち合わせておらず、食事から摂取する事が必須になります。 ビタミンCを含むビタミンには、ビタミンAやビタミンD・Eなど様々ありますが、どれも身体に良い役割を持っています。今回は巷で耳にする事が特に多いビタミンCの効果をポイントを抑えてご紹介します!


・免疫力向上 免疫には生まれて既に先天的に持っている免疫と、薬やワクチンなどで獲得する後天的な免疫の2種類があり、ビタミンCには先天的な免疫をサポートする役割を持っており、免疫力を向上させる効果が期待できます。
・抗ストレス効果 抗ストレスとはストレスに抵抗するという意味で、身体はストレスを受けると副腎(ふくじん)と呼ばれる所でストレスに対抗する成分を作るのですが、その際にビタミンCが必要になってきます。 朝身体が重い、なぜかやる気が出ない、ボーッとするなど思い当たる節がある方は、ビタミンCを摂れば意外と改善するかも。
・抗アレルギー反応 ビタミンCには、アトピーやウイルスの増加を促す白血球の一部を緩やかにする効果がある為、アレルギー反応を改善出来る可能性があります。ただ個人差はありますが、かなりの量のビタミンCを摂取しないといけません。



【ビタミンCの摂取量の目安はお腹!?】

タイトルにもある摂取量の目安はお腹という所は、お腹の調子を見ればビタミンCを摂り過ぎていないかのサインにできると言う物です。 それはお腹を下していないかです。

ビタミンCには緩化作用と言って、便を柔らかくする効果がありますが、ビタミンCの摂取量が一時的に過剰になると下痢が起きる可能性が高まります。ビタミンCを摂ってお腹が緩くなる方は少し量を減らして適正量を見つけ出しましょう。

因みに僕は自分自身で試した所、2000mgだと問題なく、2000mgを越えると急にお腹が緩くなりました😮 是非、参考にしてみて下さい〜!



【どのコスメよりも美白効果が期待できる!?】

ビタミンCは身体の様々な免疫機能を高める効果があると前述でありましたが、何よりもお肌と非常に深い関係性があります。


・コラーゲン合成作用 コラーゲンとはご存知の方もいるかと思いますが、肌の水分量やハリを維持する役割があるタンパク質の一種で、健康維持にも必須の成分になります。 このコラーゲンを体内で作る際にビタミンCが必ず必要になるのですがビタミンCが不足すると、コラーゲンを上手く作れず肌が重力に負けて垂れてしまう要因になります。
・美白効果 紫外線を浴びると日焼けをしますが、これは紫外線に当たると体内にあるメラニンというアミノ酸が活発に働く事で肌が日焼けをします。ビタミンCはこのメラニンの前段階のアミノ酸の活動を抑える効果を持っているので、結果として美白肌を得られるきっかけにできます。

この2点がビタミンCが美白効果にオススメとされている理由です。 ただ、美白効果の為にビタミンCだけ摂ればOKという訳ではなく、タンパク質、水分量、睡眠の方が圧倒的に重要です。まずはスタートできるポイントから始めるのが美肌を手に入れる近道になるので意識してみて下さい〜💡